横浜・綱島 産後骨盤矯正の本当/青い整体院「穏心」/ぎっくり腰 青い家の整体院

●骨盤矯正の本当●
■「骨盤が開く??」■
恥骨結合は出産時に開くとしても、
平均2~3ミリから4~5ミリ
それ以上開いていたら、歩くのも痛くて困難です。
開いているというのは、、骨盤帯周りの筋肉の付き方、
使い方によってそう見える事を指していいます。

■穏心の産後骨盤矯正とは■
表現上「骨盤矯正」という風にも使いますし、言います。
使いますが、あくまで一般的に流通している言葉になっているからです。
穏心での産後骨盤矯正を違う言葉で言い換えるならば

「股関節と骨盤周りの筋肉の調整と足の使い方指導、それに伴う股関節と骨盤周りの柔軟体操指導など」

と、言えます。

産後の身体がまだ柔らかく、筋肉が落ちてしまっているうちに、正しい身体の使い方と、股関節の使い方。
また、それに伴う諸症状の痛みを軽減させる為の身体の効率的な動かし方による痛みの軽減を目的とした
家庭でも継続して健康目的の為に出来る体操の指導などなど。
自分で書いていても、だんだん漢字が多くなってきて、読みづらくなってきました。
でも、「産後の骨盤矯正」と聞いて、世間一般的にイメージするものの大半のニーズにお応えできるものです。
気軽にご相談下さい。

■「「小顔矯正や頭蓋調整」■
骨が急激に変化したら、それは、「怪我」です。
顔のむくみを解消するぐらいならば、なんてことはないですが、
半永久的に小顔になるとか、骨が動くとか、
細かい骨が組み合わさっているから変化するとか、
私自身の見解では「ない」です。
いや、気にしない方が良いかと思います。

歯列矯正ってありますよね?歯を矯正するやつです。
常に力を加え続けて、骨が新陳代謝して、細胞が破壊され、作られ、
破壊され、作られを繰り返して動くわけです。
どれほど常に圧をかけていることか・・・。
そうでもしないと、骨は変化しません。


いつでも、気軽にご相談下さい。 穏心ホームページトップ

リラックス整体